git rmと.gitignore

git addでindexにファイル追加する際無視してほしいファイルを.gitignoreというファイルを作ってそこに書く
.gitignoreの場所はgit initした場所(トップ)
書き方は単純に無視してほしいファイル名書くだけ

例)
# .DSStore無視
. DS
Store

# 拡張子rb全無視(そんな奴いるのか?)
*.rb

みたいな感じ。いろいろ条件つけられるから便利かも

本題。すでにリポジトリにうpってしまったものを消しつつ(ただしローカルリポジトリには残したい)git addから無視させたい場合

git rmを使う。普通にrmするとローカルリポジトリから消えるので、–cachedオプションを付ける

例)
git rm –cached .DS_Store

これでファイル自体は残るけど、これからは無視されるし:;(∩´﹏`∩);:リモートリポジトリからは消えるしやったね(◜◡◝)