MacOSX Lionでrbenv

研究室のRubyに明るい先輩がrvmよりrbenvだぜみたいな話をしていたらしく、気になったので入れてみました( ・`ω・´)

そもそも何が良いの?

*
*
公式に書いてあるように

It’s simple, unobtrusive, and follows the UNIX tradition of single-purpose tools that do one thing well.

ということらしいですね。
Rubyのバージョン切り替えに特化しててシンプルで使いやすいしUNIXの伝統にのっとってるからこっち使おうぜってことでしょう(たぶん)。
その分rvmより機能は少ないんだろうけどそもそもrvmでバージョン切り替え以外の機能使ったことない自分にとってはrbenvの方がいいですね。

インストール

*
*
homebrewで簡単に入るのでhomebrew入ってなければ先に入れます。Xcodeないと使えないのでXcode入ってなければ先に入れます。

$brew update
$brew install rbenv
$brew install ruby-build
*
*rbenvにはRubyのビルド機能も無いので(さすがシンプル指向)ruby-buildってやつでビルドするようですね。

設定&ルビーインストール

*
*
$vim .bashprofile
でeval “$(rbenv init -)”と追記します。
$source .bash
profile
読み込みます。

$rbenv install -l
これを実行するとインストールできるRubyが一覧で表示されます。
$rbenv instrall 1.9.3-p194
Rubyインストール完了

$rbenv global 1.9.3-p194
使うRubyのセットをします。
$rbenv versions
インストールされたRubyと使用中のRubyが表示されます。

そんな感じ。

あ、あと注意なのがrailsみたいにコマンドが付いてくるgem入れた時は
$rbenv rehash
してあげないとだめなようです。以下rbenv -h参照

Rehash rbenv shims (run this after installing binaries)