Automatically build Docker images

Docker Hubには自動ビルド機能があって、GitHubに対して行われたアクション(ブランチの作成、マスターへのマージ)を契機にDocker Hub側でイメージの自動ビルドを走らせることが出来ます。 以下のようなメリットがあります。 Docker HubにDockerfileを設置することができる GitHubリポジトリのdescriptionやREADMEを読み込んで自動的にShort DescriptionとFull Descriptionを埋めてくれる イメージに対し自動でタグ付けしてくれる 手元でビルドを実行しpushする手間が省ける Dockerfileはこんな感じで表示されます。 今回は以下のような前提のもと、設定を行いました。 既にGitHubリポジトリが存在している 大まかな流れは以下です。 GitHubとDocker Hubを接続する Automated Buildの設定をする 1回目のビルドを手動で行う 自動ビルド設定の手順 »

AWS CLI on Docker

先日パイセンとAWS CLIをCircleCIから実行したいときにawsコマンドが使えるdockerイメージがあれば便利かもねみたいな話をしたので作ってみました。 既に同様のものはDocker Hubにありましたが最近自分でDockerイメージ作っていなかったのもあるので練習も兼ねて…。 GitHub - lorentzca/aws: AWS CLI on Docker. Docker Hubはこちら。 lorentzca/aws 用途としては以下のような場合に使いたい。 CircleCIなどで手軽にawsコマンド使いたい場合に使えそう Dockerから実行したい(環境を汚したくないとかで) pip入れるのが昔より楽だったので特に躓く箇所はなかった。 FROM alpine ARG pip_installer= »

Use argument in Dockerfile

Dockerfile内で例えば RUN wget https://releases.hashicorp.com/consul/0.7.2/consul_0.7.2_linux_amd64.zip みたいなことをする場合、バージョンの部分を変数にできないか調べた(バージョン上げる度に複数ヶ所直すのが面倒)。 ARGインストラクションを使えばよさそう。 Dockerfile reference - ARG »

Deploy Docker images to Heroku

herokuに好きなコンテナデプロイ出来るようになったらしいので試した!! この記事を受けて試してみた 会社で遊んでた(定時後ですよ!)ので社内向けのqiita teamに書いたんだけどべつに機密でもないので個人ブログに移す! 先に結論 herokuはあくまでPaaSであり、CaaSではない! 確かに好きなコンテナプッシュできるが、 あくまでWebアプリケーションのデプロイ方法の1つとして提供された機能 であり、 なんでもかんでも動かせるわけではなさそうだった(dnsサーバー立てたりvault立てたりはできなそう。pushまではできるけど) ※ もし動かせたらすまん → 動いたw ↓ 結論を書いたものの… コメントでvault動いた報告 (´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`) 感謝 (´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`) CaaSじゃねーか!(怒) 以下(早とちりした) »

Docker for Mac private beta

Docker for Macのプライベートβ招待きた! インストール時、defaultってvmイメージがあると中にあるコンテナのイメージを持ってきてくれた $ docker-machine ls NAME ACTIVE DRIVER STATE URL SWARM DOCKER ERRORS default - virtualbox Stopped Unknown dev - virtualbox Stopped Unknown スタート画面 »

Instance of Arukas is restarted on a weekly

Vault on Arukasで試してから、arukas使っているんだけど、 たまにコンテナURLやポートが変わっているし、データも消えている。コンテナが再起動しているような… やだな〜、こわいな~と思い運営さんに右下からメッセージを送ろうとしたら… 右下の窓はチャット的なサポートツールではなく、ヘルプの検索窓だった! 気を取り直し「再起動」で検索してみると、 »

Vault on Arukas

Vaultをdockerで動かしてみた GitHub - Lorentzca/vaultondocker: use vault on docker DockerHub - lorentzca/vaultondocker これをプロダクションぽい感じで動かしたくって、herokuを使って見ようと思ったんだけど色々制約があり(というか好きに作ったコンテナを動かすのはherokuの使い方じゃない感じ)のでなんかないかな〜と思ったらArukas|Dockerホスティングサービスなるものが! まだβ版で恐らく今後は有料になりそうなプランもまだ無料で使える こんな感じ 簡単にコンテナを動かせるのでいい感じだった dockerhubにあるvaultのイメージを指定したりポートを指定したり。環境変数やコマンドも必要なら設定できる 立ち上がるとurlが発行される こんな感じでvaultが使えるようになる! »