Post GCP Billing data to Mackerel with Node.js

Node.jsのBigQueryライブラリを使ってGCPのBillingを取得してみました。 Get GCP Billing with Node.js 次はこのBillingの情報をMackerelにサービスメトリックとして送ってみます。 Mackerel側のインターフェースの確認 サービスメトリックは以下のデータ形式で送れば良いみたいです。 [ <metricValue>, <metricValue>, … ] 詳細はこちら。 サービスメトリック - Mackerel API ドキュメント (v0) つまり、今回の場合は以下のようなデータを送れば良いみたいです。 »

Get GCP Billing with Node.js

Node.jsのBigQueryクライアントライブラリを使ってみました。 Node.js client library for Google BigQuery 今回はこれを使ってGCPのBillingデータを取得してみます。 ※ GCPのBillingデータをBigQueryに送る方法は以下。 Export GCP Billing data to Google BigQuery 以下のようなコードを書いてみます。 // Imports the Google Cloud client library // Instantiates »

Node.js client library for Google BigQuery

先日Google Cloud Functionsを試したところ、まだNode.jsしか対応していないことがわかりました。 Hello Google Cloud Functions やりたいこととして、Google Cloud FunctionsからGoogle BigQueryにためているGCP Billingデータを取得したいというものがあるので、今回はNode.jsでGoogle BigQueryのAPIを叩くところまでやってみます。 GoogleがBigQuery用のクライアントライブラリをNode.jsでも提供しているので、それを使います。 準備 ドキュメントをみながら進めます。 BigQueryクライアントライブラリ - Node. »

Update nodejs 4.x to 6.x

ghost v0.11.3からnodejs6系がサポートされるようになりました。 Release 0.11.3 · TryGhost/Ghost · GitHub ので4.xから6.xにあげてく(もちろんghostは0.11.3にアップグレード済み)。 まずは諸々やる前にdropletのスナップショットをとっておく。 最悪スナップショットからサーバ立てて復活できるので! doctl compute droplet-action snapshot <dropletのID> »

Idempotence shell in Ansible

nodejsをインストールするプレイブックを書いたんだけど、epelから入れると古いnodejsがインストールされてしまう問題があった。 そこで最新のnodejsをcentos7に入れるプレイブックに書きなおした。nodejs公式に案内されてるやり方で、まずcurl叩いてnodejs5系が入るリポジトリをインストールした。 こんな感じ。 - name: setup_5.x is downloaded get_url: url=https://rpm.nodesource.com/setup_5.x dest=/tmp/setup_ »