Add custom matcher of serverspec v2

userリソースにbe_lockedマッチャーを追加するコードをserverspec version2用に書き直す作業をした覚書き (既存のリソースタイプにマッチャーを追加する覚書き) version1 module Serverspec module Type class User def locked? backend.check_user_locked(@name) end end end end module SpecInfra module Command »

serverspec of selinux

ハマったのでメモ。OSはCentOS6.5 基本的には公式にある通り describe selinux do it { should be_permissive } end のように書けば良いはずだが、失敗(当然サーバー側はpermissiveとなっている状態で) 1) selinux SELinux should be permissive On host `vagrant` Failure/Error: »