最近ブログを書けてなくてモヤモヤしているのでリハビリにクッカーの話でも…。

トレック 900 と素材

日本のキャンプ用品メーカー、Snow Peak からは色々な種類のクッカー (調理器具) が出ていますが、今手元にあるのがトレック 900 です。重量は 265 g。

トレック 900 には↑のアルミ版と、チタン版がありますが、私はアルミ版を使用しています。理由はお米を炊きたいから。

どういうことかというと、アルミとチタンの熱伝導率の違いによってお米の炊きやすさが異なるからです。以下の通りアルミはチタンに比べて熱伝導率が非常に高いです。つまり、アルミは火が当たっている場所以外にも熱が伝わりやすい、ということになります。

特性 | showa HP

以下は美味しいご飯の炊き方が書いてあるページですが、強火から弱火に移行するフェーズがあります。

チタンの場合、この弱火のフェーズで火が当たっている場所のみ熱せられ、全体が高温にならないため、クッカーの下部と上部で温度の差が発生し、これによりうまく炊飯できない状態になっている気がします (ちゃんと温度を計ったことはないのですが…)。

とにかく、チタンだとうまく炊飯できないので私は炊飯したい場合はアルミ派なのです。

ただチタンにも軽いという圧倒的メリットがあるので、お湯を沸かすだけであればチタンの方が使いやすいと思います。

トレック 900 の収納力

トレック 900 はその名前の通り 900 ml + 蓋分の容量があります。これは意外に色々入れることができ、私は以下の物を収納しています。

また、トレック 900 の蓋は嵌る感じではなく、乗せただけの状態なので、蓋が外れないように釣竿をまとめるためのバンドを巻いて押さえています。
バンドは色々売ってますが以下が安くてたくさん入っているのでおすすめです。

実際に収めた写真は以下。こうしてみると本当にいろいろ入りますね…!

トレック 900 の旅

トレック 900 を使用中の写真を漁っていくつか紹介します!

外で宴会
蓋をおやつ皿に
自転車メーカーの Trek と トレック 900 の奇跡の (?) コラボ
山ラーメン

トレック 900、買おう (買おう)。