/ alfred

Alfred CircleCI Workflow

CiecleCI のビルドステータス(直近30個)を検索して表示する Alfred ワークフローを作りました。

こんな感じで、リポジトリ名やブランチ名、ユーザ名、ビルドステータスで検索できます。まだ and 検索には対応していません…。

image1

image2

アイコンがビルドステータスによって変わります。また、実行ユーザ名、開始時間、ビルド時間も小さく出しています。

選択すると該当のビルド番号の CircleCI のページに飛びます。

コミットが活発だとよく CI がキャンセルされたり(同ブランチでビルド中に新しいコミットがあった場合は前のコミットのビルドをキャンセルしている)、どのブランチでテストがどうなってるのかシュッと確認しづらいので作りました。

Go の net/http パッケージで CiecleCI の API(1.1) を叩いて行っています。 API に recent-builds というズバリなものがあるのでそれを使っています。

Alfred のワークフロー作りに関するメモなどはこちら。

まとめ

コードがなかなか見づらかったりするので直していきたい!良いコードとかまだあんまり理解できてない。まずはこの辺とか見ながら形式的な部分を…。

あと自分が作ったほかのワークフロー全部そうだけど、 err ガン無視したり雑な部分があるので(テストも無いし…)いじりがいがありそう…。 😇