alfred

Search my blog posts with Alfred

自分のブログ記事を検索する Alfred ワークフローを作った。 GitHub - lorentzca/alfred-myblog-workflow: Search blog posts. 「前困った MySQL ログインのあれなんだっけ」「Terraform のあれなんだっけ」みたいに以前自分で調べたことを改めて参照したいことがちょくちょくあるので作りました。 ブログ内にも検索用の固定ページはありますが、 Alfred のほうがブラウザを開くまでもなくシュッと使えるのでワークフローにしました。 私のブログは Algolia にインデックスを作っていて、 API で全文検索できるようにしているので、それを叩いている感じです。 Go の Algolia 公式クライアントを使っています。 GitHub - algolia/algoliasearch-client-go:

alfred

Alfred CircleCI Workflow

CiecleCI のビルドステータス(直近30個)を検索して表示する Alfred ワークフローを作りました。 GitHub - lorentzca/alfred-circleci-workflow: Search and show CircleCI build status. こんな感じで、リポジトリ名やブランチ名、ユーザ名、ビルドステータスで検索できます。まだ and 検索には対応していません…。 アイコンがビルドステータスによって変わります。また、実行ユーザ名、開始時間、ビルド時間も小さく出しています。 選択すると該当のビルド番号の CircleCI のページに飛びます。 コミットが活発だとよく CI

alfred

Alfred Mackerel hosts Status Workflow

Mackerel に登録してあるホストとホストのステータスをインクリメンタルに検索して表示する Alfred ワークフローを作りました。 GitHub - lorentzca/alfred-mackerel-hosts-status-workflow: Search Mackerel hosts and show host's status. こんな感じで見れます。アイコンの色もステータスによって変わります。選択すると該当ホストのページに飛びます。 似たような Mackerel ワークフローは既にあったのですが、自分の Go の練習のためとホストのステータスをさらっと見れるようにしたい事情があったので作りました。 Mackerel の API は Go のクライアントから叩いています。 Go の Mackerel

alfred

Tips of Create Alfred Workflow

何かしらの API を使ってインタラクティブに結果を返すかっこいい Alfred ワークフローを作るために最低限必要なことを学んだのでまとめます。 API キーを使うとき API を叩くたびに API キーを入力するのは面倒なのでどこかに永続化したいです。 Keyword オブジェクトで文字列を受取り、それを Write Text File オブジェクトでファイルに書き込むことで永続化出来ます。 参照する際は各オブジェクトで $(cat /path/to/apikey) するなり好きに参照すればよさげ。 重要なのは Write Text File の設定項目でどのパスにファイルを置くか決めることです。選べるパスは workflow's data folder

mac

Synchronize Alfred settings in different mac

Alfred最高うぅぅぅ!!!!!!!!!11111 全Macにインストール!!!!!!!!!! でもいちいちワークフローとかスニペット追加するたびに他のmacに設定するの面倒…。 そこで同期の出番です。そうPowerpackならね。 Alfredには設定ファイルを特定のパスに設定することができるので、設定先をDropboxにすれば設定がシンクされるのです。簡単。 以下のようにAlfredの設定から行える。神。神fred。