柳瀬川で鯉を釣る方法

この記事は川アドベントカレンダー12日目の記事です!

柳瀬川は埼玉県所沢市らへんが源流で、最終的に埼玉県志木市にて新河岸川に合流する一級河川です。

子供の頃から近所にあり、自転車で最上流見に行ったり釣りをしたり泳いだり焚き火したりしていました。

最上流はドブみたいな感じでした。

さて、柳瀬川には鯉が多数生息しており、子供の頃からよく釣って遊んでいました。今回は柳瀬川で鯉を釣る知見を共有したいと思います。

道具

竿とか

安物で十分です。リールがついていたほうがやりやすいので、上州屋で3000円くらいで竿・リール・糸がセットになっているものが売っているので買えばいいと思います。

しかけ

しかけといっても、おもりも浮きもいりません!針だけで十分です。シンプル!

ワーム(疑似餌)用の針が良いと思います。上州屋で買えます。
こんなの

サイズは2/0ってやつでいいと思います。

食パンを使います。フジパン本仕込み8枚切りがおすすめです。

フジパン本仕込みはもっちりしていて、他のパンに比べ水に濡れても針から取れにくいです。鯉の食いも良いです!

餌の付け方

食パンの端っこを使います。他の部分(特にミミのない真ん中部分)はちぎってばらまいて寄せエサにします。

よく釣れる場所

この辺がよく釣れます。

釣り方

パンを付けて、投げて、流すだけです。

パンは浮くので、鯉が食べる瞬間が見れて大変エキサイティングです!
鯉も60cmほどの大きさなので引きも強く、楽しいです。

写真は、マップの左から二番目のまるで囲った、水門のところです。ここは足場もよく釣りしやすいですが、その分ほかの釣り人もよくいる人気の場所です。

昔この場所にいつもいるおじさんがいて、理不尽に怒られたり、勝手に餌のパンやコーラを飲まれたりした思い出があります。当時はめちゃくちゃ腹が立ちましたが今となっては良い思い出です…。

理不尽おじさん元気かな…。

まとめ

  • 柳瀬川について紹介しました
  • コイ釣りの方法について紹介しました
  • ぜひ挑戦してみてください