対ナマズ装備

この記事は釣りアドベントカレンダー24日目の記事です! 釣り Advent Calendar 2016 - Adventar 今回は、私がナマズを釣りに行くときの装備を紹介したいと思います。ナマズに限らず最近陸っぱりするときは大体こんな感じになっちゃってますが...。 バッグとロッド・リール こんな感じです。 ロッド 大体以下の二本を使うルアーの重さや場所に応じて使い分けています。 タクト オブ ウィゾ(SS-TW64 M) TS/ソリッドグラス(通称・トップスプーク) ウィゾは長めで18グラムくらいまでのトップウォータールアーを快適に使えるルアーで、ぶっちゃけ見た目が気に入って買いました! »

防波堤のモンスター・ウツボ

この記事は釣りアドベントカレンダー22日目の記事です! 釣り Advent Calendar 2016 - Adventar 今回は防波堤で釣れるモンスター、ウツボについてです。 ウツボの釣り方 ウツボは岩のすきまなどに隠れていて、魚やタコを捕食する肉食魚です。 スーパーでサンマを買ってきて、適当にぶつ切りにして針に掛け、岩がゴロゴロしているような場所に落とすと巣穴から這い出してきて食べます。結構てきとうな感じで釣れる。 写真は友人が釣ったウツボです。私はウツボはばらしてしまったことしかなく、釣り上げたことがない! 竿、糸はかなり強いものでないと釣り上げるのは難しいです。歯とパワーがやばいので、針付近はワイヤーを使ったほうが良いです。 引きも強いしサイズも80センチくらいあるのでなかなか楽しいです。 ウツボの技 合計で108の技を持っているらしいですが、 »

後ろを振り返ると友人が消えていた話

この記事は釣りアドベントカレンダー19日目の記事です! 釣り Advent Calendar 2016 - Adventar 12/1からの数々の記事で釣りの楽しさについて語られて来ました。 しかし、釣りも自然の中で行うアクティビティである以上、危険もつきまといます。 今回は釣りを趣味としている人なら1度は体験する(?)水没についての話です。 後ろを振り返ると友人が消えていた 中学生の頃、いつものメンバーで荒川に行きました。季節は秋で朝はコートがないと寒いくらいのとき。 ドボッという鈍い音がして振り返るとそこで釣りをしていたはずの友人が消えていました!!アレッ! その後すぐ浮いてきました。自力で上がるには微妙に高さのある岸だったので皆でなんとか引き上げました。 落ちた場所付近の写真です。足元から3mくらいの水深がある水路なので落ちると全身浸かります...。 ちなみに落ちたときの感想を聞いたところ、「緑色で輝いていた」 »

ダイレクトリールについて

この記事は釣りアドベントカレンダー16日目の記事です! 釣り Advent Calendar 2016 - Adventar 今回は最近メインで使っているダイレクトリールについての話です。 ダイレクトリールとは ダイレクトリールは一見丸型のベイトリールに見えますが、今のベイトリールと決定的に異なるのが、「クラッチがない」「ルアーを投げるとハンドルも逆回転する」点です。 ダイレクトリールの進化版がベイトリールといった感じでしょうか。 といっても現在もリールに極端に負荷のかかるシーンなどではダイレクトリールが現行で使われていると思うので単純に同じ軸のものでは無いと思いますが...。 「バス釣りにおいては」現在ベイトリールがダイレクトリールの進化版として使われている、がしっくりきそう。 ダイレクトリールの良さみ 3つ上げるとすると、 「ルアーを投げる」事自体が楽しい 見た目がクラシックで良い メンテが楽 でしょうか。 »

カヤックから見た荒川

この記事は釣りアドベントカレンダー15日目の記事です! 釣り Advent Calendar 2016 - Adventar 今回はカヤックから見た荒川の風景を紹介します。 私は小学生の頃から荒川でルアー釣りをしていますが、常々「あの対岸のオーバーハング良さそうだな...」と思っていました。そしてフローターやアルミボートに乗っている人を羨ましく思っていました。 そしてトップウォーターの釣りにハマってから猛烈にカヤックが欲しくなり、3年前くらいにとうとう買ってしまいました。インフレータブルなカヤックなので、空気を抜けば軽自動車でも運べるのが気に入っています。 Bass Pond(バスポンド) ウェブショップ そんなカヤックで釣りをしていると、岸からは見ることの出来ない景色を見つけることができて非常に新鮮です。iPhoneに防水カバーと水に浮くストラップを付ければ水没を恐れず写真が撮れて良い感じです。もう何も怖くない。 水上で食べるおにぎりは格別です。 »

カニマンション

これは釣りアドベントカレンダー14日目の記事です! 釣り Advent Calendar 2016 - Adventar 今回はカニマンションについて書く。 カニマンションとは 友人と海釣りに行くと大抵持ってくるのがカニマンションである。 正式名称は黒カニ網DXらしい。昔からカニマンションと呼んでいるし、ググればヒットするので名前が変わったのかもしれない。 Amazon | プロマリン(PRO MARINE) 黒カニ網DX AFA100 | ネットアクセサリー | スポーツ&アウトドア カニマンションは折りたためるカニ用の罠である。実物を見ると意外に大きい。仕掛け的には入りやすく出にくい形状の入り口がある箱状の網で、 »

ルアー釣りを始めたきっかけと現在

この記事は釣りアドベントカレンダー13日目の記事です! 釣り Advent Calendar 2016 - Adventar 今回は私のルアー釣りの歴史について書きます。歴史というか思い出ばなし。 小学生のとき 私が初めてルアー釣りに触れたのは小学3年生くらいのときでした。友達が近所の川にルアーを持ってきて、それを見てルアー釣りに興味を持ちます。当時はその近所の川でパンを使って鯉を釣るのが我々の間で主流でした。 チャンレンジの赤ペン先生からもらえるシールを40枚位集めてルアーとリールとロッドのセットをもらったり(当時はバス釣り全盛期くらいでそういう景品が流行っていた)、誕生日にロッドとベイトリール(セットで3000円位だったはず...)を買ってもらったりしながら徐々に道具を揃えていきました。 とにかく、「ルアーでブラックバスを釣る」ことに強い憧れがあったので、ルアーは「クランクベイト」や「ポッパー」 »