/ smartlock

Sesame API

Sesame というスマート鍵を使い始めてはや1ヶ月が経ちました。

Wi-fi と接続するモジュールも買い、 Sesame はもはや生活に欠かせない機器となりました。神。ハンズフリーで解錠できることがこんなに快適だったなんて!

Wi-fi モジュールを買ったことでインターネットと接続できるようになり、 API も使えるようになったのでとりあえず鍵かかってるか API から取得してみます。

条件

API を利用するための条件です。

  • Wi-fi モジュールを購入し、セットアップ済みであること (Sesame がインターネットへ接続している必要があるため)
  • Sesame の設定でクラウド連携が有効になっていること

API キーの取得

Sesame 公式サイトダッシュボード (BETA) から API キーを取得できます。

API リファレンス

API は現在 v3 のようです。

認証の確認

OK 牧場。 🐄

$ curl -H "Authorization: $SESAME_API_KEY" https://api.candyhouse.co/public
{"status": "ok"}

Sesame のステータスを取得

鍵かかってるか確認していくぜ。

まず Sesame の一覧を取得します。

$ curl -s -H "Authorization: $SESAME_API_KEY" \
https://api.candyhouse.co/public/sesames | jq
[
  {
    "device_id": "デバイス ID",
    "serial": "シリアル番号",
    "nickname": "ニックネーム"
  }
]

これでデバイス ID が取れたので、デバイス ID を指定してステータスを取得します。

$ curl -s -H "Authorization: $SESAME_API_KEY" \
https://api.candyhouse.co/public/sesame/$DEVICE_ID | jq
{
  "locked": true,
  "battery": 100,
  "responsive": true
}

取れました!

locked が true なので、鍵がかかっている状態ですね。 false だと鍵が開いている状態です。バッテリーの残量も取れますね。

responsive というのはその名の通り Sesame が応答可能かを示すステータスです。

これは仕様なのかわからないですが、 API キーを取得した直後では、しばらくの間鍵が開いていたとしても常に true が返る状態となっていました。

もしうまく結果が反映されないようでしたら、しばらく待ってみると良いかもしれません。

感想

API 使えるようになったので夢が広がりングになりました。 🎉🎉

とりあえず鍵の状態を監視してみようかな。一定時間以上空いているようだったらアラートとか (心当たりがないのに鍵が開いているのは割とシャレにならん事態…)。

あと電池が切れたら家に入れなくなるので、 battery の監視は必須ですw (確かアプリからも通知はしてくれたと思うけど。)