Conflict gpg-agent

GitHubにGPG認証を利用しています。 Export GPG Key さっきbrew upgradeをしていて、たぶんgpg関連のアップデートがあって恐らくそれがきっかけと思うんですが、git commitができなくなりました。 調査のためgpgコマンドをいじっていたら以下のエラーが出ました。 gpg: starting migration from earlier GnuPG versions gpg: *警告*: サーバ'gpg-agent'はこちらより古いです(2.0.30 < 2.1. »

Transfer blog Domain Name

私がはじめて取得したドメイン。それはponpokopon.dyndns.orgで私は大学生でした(DynDNSは当時無料だった)。 その後ブログをAWSで運用する際にponpokopon.meを買って使ってきました。 ponpokoponは気に入っていたのですが、気分でlorentzca.meを購入したのでブログのドメイン名も変えてみました。 その際やはりというか、色々やることがあったので何をどのようにやってきたかざっくり記録しておきます。 移行の流れ 主に以下のような流れで行いました。 ドメインの取得 DNSレコードの設定 mailgunの設定 証明書の取得(letsencrypt) リダイレクトの設定 ghostの設定ファイルの修正 mackerelなど監視系の切り替え これを主軸にポロポロ細かい作業がある感じ。 GitHub Projectsを利用する 洗い出してはみたものの一気にやるのは無理そうだったので、 »

Rewrite check_mailgun.sh to golang

以前mailgunのステータスをmackerelで監視するシェルスクリプトを書きました。 Check maingun status on mackerel これをようやくGoで書き直して、一応使える状態にはなったのでうp。 GitHub - Lorentzca/check-mailgun: WIP デモ。 $ ./build/darwin_amd64_check-mailgun -p key-xxxx -d ghost.ponpokopon.me State OK: »

Check my favorite OSS with Jasper

ちょっと前にJasperというGitHub Issue Readerを購入しました。 JasperというGitHub Issue Readerを作りました - maru source 私は何故かブラウザの通知を活用しない傾向にあり、GitHubの通知も放置気味(仕事のissue以外では)だったのでなんかいい方法ないかなと思い購入してみました。 読み込みの時間がちょっとあるのが難点ですが、結構快適です。メールクライアントアプリっぽくissueを確認できます。また、authorやorganizationなどで好きにフィルタリングしたストリームを作ることが出来るので、自分が好きなOSSを集めたストリームを作ってみました。 Jasper/Stream これで気になるOSSの最新情報が以前より追いやすくなっていい感じです。 »

Export GPG Key

もう4ヶ月位前の話ですがgithubでgpg認証対応しましたね。 GPG signature verification · GitHub 設定したマシンと別のマシンでcommitしようとしても当然鍵がないので失敗しますね(同じgitのアカウントを使っていた場合)。そんな時の対応方法がメモに埋もれてたので晒す。一応gpg周辺ツールのインストール、鍵生成の所から書く。 gpg周辺ツールのインストール・鍵生成 インストール brew cask install gpgtools brew install gpg2 鍵生成 gpg --gen-key gitに設定 git config »

LGTM

LGTM(Looks good to me)の素材作りました バリエーション増やす(予定) https://github.com/Lorentzca/lgtm-life »