Delete Go Map entry and rename Go Map key

Mapの操作を色々する機会があったのでまとめてみます。 The Go Programming Language Specification - Map_types それぞれのセクションごとに動作するコードのリンクがあります。play.golang.org上にあるので、その場で実行することができます。 ゴール pathみたいに/区切りの文字列をキーとして持っているMapに対し、特定の条件を持つキーを削除したり、キー名を変更する。 普通はそんなこと意識しないようにMap作っていくと思うんだけど人生は長い。Mapのキーをごにょごにょしたいときもある。 Mapの作成 いくつか作成方法はありますが今回は以下のように作成。このMapをごにょごにょしていきます。 func defineMap( »

Search Algolia index data with Golang client

このブログの記事検索にAlgoliaを使っています。 algolia - ゆるふわキャンパー Algoliaはjsonでデータをクラウドにアップロードし、APIで検索したいキーワードを投げて結果を得ることの出来るサービスです。 AlgoliaはREST API以外にも一通り有名どころの言語のライブラリを提供しています。今回はGolangのライブラリを使用して、私のブログの記事を検索してjsonで結果を得るところまでやってみます。 準備としてとりあえずalgoliasearchをインストールしておきます。 go get github.com/algolia/algoliasearch-client-go/algoliasearch 簡単なことからやってみる まずはQuick Startに従ってサンプルデータの検索をやってみます。 Quick Startではデータを登録する例から始まっていますが、今回はサンプルデータを手で直接Algoliaに登録しちゃいます。 contactsという名前でIndexを作成します。 早速登録したデータに対して検索を実行するコードを書いてみます。 »

Trying out golang BigQuery client library

GCPのbillingをbigqueryにエクスポートしてre:dashで可視化してみました。 Export GCP Billing data to Google BigQuery Visualize GCP Billing Data 次はmackerelにbillingの情報を送ってメトリクスとして記録してみたいので、まずはgolangからbigqueryに対し何かしらのクエリを叩くところまでやってみます。 以下のドキュメントを見ながら試してみます。 BigQuery クライアント ライブラリ 準備 ライブラリのインストール。 go get cloud.google.com/ »

Rewrite check_mailgun.sh to golang

以前mailgunのステータスをmackerelで監視するシェルスクリプトを書きました。 Check maingun status on mackerel これをようやくGoで書き直して、一応使える状態にはなったのでうp。 GitHub - Lorentzca/check-mailgun: WIP デモ。 $ ./build/darwin_amd64_check-mailgun -p key-xxxx -d ghost.ponpokopon.me State OK: »