Update h2o, h2o yum repository

なんかh2oがアップデートされてないなと思ったらメンテされてるリポジトリ変わってたっぽい(非公式リポジトリなのには変わりないけど)。

まあ公式からリンクしてるし半公式みたいなものであろう!というわけで使う。

まず既存のパッケージ、yumrepo削除。

sudo systemctl stop h2o  
sudo yum remove h2o  
sudo systemctl daemon-reload  
sudo rm /etc/yum.repos.d/home\:funzoneq.repo  

ansibleのコード書き換え。今まではurlモジュール越しにrepoファイル設置してたけど、今はREADMEに従いリポジトリのファイル作成してそれをこぴーする。

-  get_url: url=http://download.opensuse.org/repositories/home:funzoneq/CentOS_7/home:funzoneq.repo dest=/etc/yum.repos.d/
+  copy: src=bintray-tatsushid-h2o-rpm.repo dest=/etc/yum.repos.d owner=root group=root mode=0644

bintray-tatsushid-h2o-rpm.repoの中身(READMEまま)。

#bintray-tatsushid-h2o-rpm - packages by tatsushid from Bintray
[bintray-tatsushid-h2o-rpm]
name=bintray-tatsushid-h2o-rpm  
#If your system is CentOS
baseurl=https://dl.bintray.com/tatsushid/h2o-rpm/centos/$releasever/$basearch/  
#If your system is Fedora
#baseurl=https://dl.bintray.com/tatsushid/h2o-rpm/fedora/$releasever/$basearch/
gpgcheck=0  
repo_gpgcheck=0  
enabled=1  

バージョンアップに従い1.2系の設定が使えないので修正(hostsディレクティブにポートも書かなくてはいけなくなった)。今までドキュメントに書いてるやり方となんかずれてると思ってたけどバージョンが古くてずれていたからか…。と納得。

-  "ghost.ponpokopon.me":
+  "ghost.ponpokopon.me:80":
     listen:
       port: 80
     paths:
       "/":
         redirect: https://ghost.ponpokopon.me/

-  "ghost.ponpokopon.me":
+  "ghost.ponpokopon.me:443":
     listen:
       port: 443
       ssl:
@@ -29,14 +29,14 @@ hosts:
         file.dir: /var/www/ghost/.well-known
     access-log: /var/log/h2o/ghost.ponpokopon.access.log

-  "ponpokopon.me":
+  "ponpokopon.me:80":
     listen:
       port: 80
     paths:
       "/":
         redirect: https://ponpokopon.me/

-  "ponpokopon.me":
+  "ponpokopon.me:443":

無事アップデート完!これでログのタイムフォーマットいじれるようになったかな。