heroku

Re:dash no longer supports Heroku

Re:dashをHeroku上にデプロイして利用しています。 redash - ゆるふわキャンパー Re:dashのバージョンはv0.12で、いい加減古い(最新はv1.0.3)のでアップデートしようとしたのですが…リポジトリにProcfileが無い! 調べてみると、Herokuのサポートは公式ではしなくなるとのこと…。(´;ω;`) Remove Procfile.heroku - it's no longer up to date. · getredash/redash@0e68228 · GitHub 皆によく使われていたであろう、Herokuの無料枠での利用がスペック不足でできなくなるのが主な理由みたいです。

redash

re:dash on heroku

※ Re:dashのバージョン0.12.0向けの記事です(古い…)。 Re:dashの1系からは公式でherokuをサポートしなくなったようです。 Remove Procfile.heroku - it's no longer up to date. · getredash/redash@0e68228 · GitHub bigqueryにサーバのログを送っています。 Send h2o log to BigQuery せっかくなので、ビジネス・インテリジェンスツールの一つであるre:dashを使って可視化環境を構築してみます。 GitHub -

arukas

Deploy Docker images to Heroku

herokuに好きなコンテナデプロイ出来るようになったらしいので試した!! この記事を受けて試してみた 会社で遊んでた(定時後ですよ!)ので社内向けのqiita teamに書いたんだけどべつに機密でもないので個人ブログに移す! 先に結論 herokuはあくまでPaaSであり、CaaSではない! 確かに好きなコンテナプッシュできるが、 あくまでWebアプリケーションのデプロイ方法の1つとして提供された機能 であり、 なんでもかんでも動かせるわけではなさそうだった(dnsサーバー立てたりvault立てたりはできなそう。pushまではできるけど) ※ もし動かせたらすまん → 動いたw ↓ 結論を書いたものの… コメントでvault動いた報告 (´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`) 感謝 (´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`) CaaSじゃねーか!(怒) 以下(早とちりした)結論に至るまでの道のり 任意のコンテナをプッシュしてみる ほんとに任意のコンテナプッシュできるのか!?vault乗ったコンテナプッシュしちゃうよ! https://devcenter.heroku.