tmux

Restore tmux environment after system restart

ターミナルマルチプレクサにtmuxを使用しています。OS再起動後も同じtmuxのペインで作業したいので、ちょっと前に教えてもらったtmux-resurrectを入れてみます。 GitHub - tmux-plugins/tmux-resurrect: Persists tmux environment across system restarts. Tmux Plugin Managerの導入 tmuxのプラグインの追加はTmux Plugin Managerを使うと楽なのでまずはこれを入れます。 GitHub - tmux-plugins/tpm: Tmux Plugin Manager READMEに従いtpmをインストールしていきます。 Installation tpmのインストール。 mkdir -p ~/.tmux/plugins

tmux

Install powerline plugin to tmux and Vim

最近開発マシンが新しくなり環境がリセットされ、さっぱりしました。さっぱりしましたが、tmuxとvimとzshは前の環境と同じフィーリングで使いたいです。 私はpowerlineを使っているのでzshはまあ良いにしてもtmuxとvimはdotfileを置くだけでは環境が再現できぬ! というわけでtmuxとvimのpowerlineの導入方法を記録しておきます(毎回導入方法忘れる&昔とだいぶ変わった...)。 細かいpowerlineのカスタマイズは置いておいて、とりあえず最低限powerlineを使えるようにします。 powerlineのインストール(OS X) powerlineそのもののインストールをします(OS X)。 Installation on OS X — Powerline beta documentation pip install powerline-status powerlineで使うフォントのインストールをします(楽だ!以前は自分でビルドしてた)。 GitHub - powerline/fonts:

tmux

Show weather on tmux-powerline

前からtmux-powerlineを使っているけれど、天気が表示されず、まあいいか、と放置していた が、ちゃんと調べようと思いよくreadmeを読んだら、OSXでは標準のgrepを使えないので別の使えって書いてあった OS X specific requirements ggrep入れる $ brew tap homebrew/dupes $ brew install homebrew/dupes/grep .tmux-powerlinercの # weather.shの項目に、TMUX_POWERLINE_SEG_WEATHER_GREPとgrepコマンドのいちを指定している箇所があるので、こんなかんじに書き換える export TMUX_POWERLINE_