gcp

Rewrite SQL for GCP billing export v1

先日課金情報エクスポート機能の正式版が発表され、課金情報のテーブルのスキーマが変更されました。 GCP billing export機能のGA版がリリースされて作成されるカラム名等が変わった GCP の課金情報を Google BigQuery へ送り Redash で可視化しているので、このための SQL を書き直す必要があります。 Visualize GCP Billing Data 書き換えた箇所 こんな感じで毎月の Billing 情報を集計しています。 これのための SQL を書き換えていきます。 before SELECT SUM(cost) AS sum_cost,

gcp

GCP billing export GA version has released

Google BigQueryへGCPのBilling情報を送っています。 Export GCP Billing data to Google BigQuery このbilling export機能について、先日メールで案内が配信されました。 内容は、billing export機能がGA(正式版)になり、それにともなってスキーマが変わるから移行してね、というものでした。ざっくり要約すると以下のような内容です。 暫くの間は新しいスキーマと古いスキーマ両方作成される 2018年1月に古いスキーマの作成が行われなくなるのでそれまでに既存のワークフローの更新が必要 具体的には以下のような変更があるとのことです。 productカラムがservice.descriptionにリネーム resource_typeカラムがsku.descriptionにリネーム start_timeとend_timeカラムがusage_start_timeとusage_

google

Convert markdown to Google Slide

少し前の話ですが、Decksetが無い環境で既存のDecksetで作成したスライドの手直しをする必要に迫られました。 Decksetが無いのでGoogle Slideに移行して作業しようとしたのですが、スライドのページが数十枚ほどあり、手でGoogle Slideに移すのはツライところでした。 そこで調べたところmd2googleslidesというツールがあったので使ってみました。 JavaScript製のツールみたいです。インストール方法は以下。 npm install -g md2gslides 使い方は簡単で以下のようにmd2gslidesコマンドにマークダウンファイルを渡してあげるだけです。 md2gslides hogehoge.md G Suiteのマイページのトップにスライドは作成されていました(確か)。 初回はプロンプトが開いてGoogleアカウントの認証があります。DecksetのようにHTMLタグは対応していないので、HTMLタグが入っているとエラーが出ます。また、![](./pic.jpg)のようなファイル挿入の構文にも対応していません。 エラーが出た箇所はエディタでマークダウンファイルを開いてまとめて置換してしましょう。 サポートされているマークダウンのルールは以下を参照。 Supported markdown rules

ghost

Ghost support AMP

スマートフォンでのgoogleの検索結果で、私の記事に「AMP」と表示されているものがありました。 AMPとは「Accelerated Mobile Pages」の略で、オープンソースで公開されている仕様らしい。仕様に則ることで、瞬時に読み込めるHTMLを作ることができるそう。 GoogleはAMPに則ったページを見つけるとキャッシュし、モバイルからのアクセスかつ有効なAMPページがあった場合はそのページを表示するようになっているとのこと。 AMPについて - Googleウェブマスター向け公式ブログ AMP ページの Google 検索ガイドライン - Search Console ヘルプ Accelerated Mobile Pages Project AMPマークの付いているページにアクセスすると、確かに一瞬でページが表示される! それはありがたいことだが、なぜAMP対応されたページがあるんだろう.